【格安VPS】Indigoの1GでWordPressを動かす

パソコン

VPSと言えば「ConoHa VPS」や「さくらのVPS」が人気ですが、NTTグループなのになぜかマイナー扱いのIndigoでWordpressを動かしたらどうなの?という記事です。

・・というか、このブログはIndigo(1G)で動いております。

初期料金無料・従量課金制|VPS(仮想専用サーバー)はWebARENA Indigo
VPS(仮想専用サーバー)ならNTTPCのWebARENA Indigo。最安値月額297円(税込)~。全プランSSD採用、低価格で高パフォーマンス。リモートワークに適したWindows搭載プランは月額748円(税込)~。

個人的には「案外いけるやん」と思いましたが、いかがですか?
Apache+MariaDBで構築したドノーマルの環境で、このぐらいのレスポンスは出せるようです。

Indigoのメリット

1GBプランで破格の安さ

 WebArena IndigoConoHa VPSさくらのVPS
月額349円968円807円
(石狩)
メモリ1GB1GB1GB
CPU1コア2コア2コア
SSD20GB100GB50GB

人気のVPS2社と比較してみました。

CPUのコア数やSSDの容量に差があるので一概には言えませんが、半額ぐらいのインパクトはありますね。これよりも安いと言っても、メモリが1GB以下の他社プランだと、テスト以上の利用は厳しいと思いますので、実用できるプランで最安と言って良いと思います。

安心のNTTグループ

IndigoはNTT PCコミュニケーションズという会社が運営しています。

Indigoは格安プランですが、NTT-PCはデータセンターも多数保有する大手企業です。VPSやレンタルサーバーを運営している会社の中には、データセンターは自社で持たない会社も多い中(例えば、Wordpressサーバーで評判の高いXServerは、さくらインターネットの設備を使っています)自社運営しているのも、安さの秘密なのかもしれません。

ファイアーウォールが最初から有効

Indigoには標準でファイアウォール機能が有効になっていて、導入状態ではSSH接続しかできません。VPSであればOSでもファイアウォールが設定可能ですが、最初閉じた環境で構築できるのは安心感があります。設定画面もIndigoになってからわかりやすくなりました。

そこそこ速い

同じサーバーを共有している他VPSユーザーの影響で差が出る話にはなりますが、少なくとも筆者の借りているVPSはそこそこ速いです。

構築したサーバーに速度測定ソフトを入れて測定したところ

ダウンロード:97~98Mbps
アップロード:64~109Mbps

(金曜日の22時頃測定)

程度は出ていました。

WordPressサイトを運営する場合は、サーバーからデータが出ていく「アップロード」が主になると思いますが、10回測定して60Mbps台が出たのは1回だけで、大体は100Mbps以上出ていましたので、ほぼ理論値の回線速度が出ているという印象です。

Indigoのデメリット

スケールアップができない

これが一番のネックかもしれません。将来アクセス数が増えてサーバーの増強が必要になった場合は、新たにサーバーを借りて構築し直す必要があります。他社VPSであれば、今使っているサーバーのままで増強が可能です。

うちのような万年閑古鳥なサイトは関係ないですが(涙

オプションが少ない

他社サービスであれば高速WordpressのKUSANAGIが使えたり、CDNや複数VPSをローカルネットワークで接続出来たりしますが、Indigoにはそのようなオプションは何もありません。

まとめ

スケールアップができないという大きなデメリットはあるものの、価格とスペックを考えるとデメリットを上回るメリットがあるサービスではないと思います。

特にこれからVPSを使ってみようと思う人にとって、ワンコイン以下で始められるのは気持ち的にも敷居が下がります。

少しパソコンが得意な人で、これからWordpressでブログを運営してみようと考えている方なら、あえてVPSではじめてみるのも良いと思いますよ。

【2022年8月4日追記】SQLが落ちてアクセス不可に

220804 10:38:13 InnoDB: Completed initialization of buffer pool
220804 10:38:13 InnoDB: Fatal error: cannot allocate memory for the buffer pool

Indigoの問題というより設定の問題ですが、突然SQLが落ちてブログにアクセスできなくなっていました。

mariaDBの再起動で復帰しましたが、上記記事を参考にメモリ割り当てを見直しました。

これでしばらく様子を見たいと思います。

初期料金無料・従量課金制|VPS(仮想専用サーバー)はWebARENA Indigo
VPS(仮想専用サーバー)ならNTTPCのWebARENA Indigo。最安値月額297円(税込)~。全プランSSD採用、低価格で高パフォーマンス。リモートワークに適したWindows搭載プランは月額748円(税込)~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました