Wi-Fi環境の改善は「Wi-Fi6 1台」よりも「Wi-Fi5 2台」がおすすめ。

ガジェット

最近電気屋さんの無線ルーターコーナーに行くとやたらと目にする「Wi-Fi6」の文字。

おそらく、店員さんに「家のWi-Fiが調子悪い」という相談をするとWi-Fi6対応機種を勧められると思いますが、それ、鵜吞みにしないでちょっと待って!というお話です。

店員さんがよく勧めてくる無線ルーター

たぶん、このあたりの機種をお勧めされるのではないかと思います。

created by Rinker
¥16,280 (2022/08/14 06:15:21時点 楽天市場調べ-詳細)

ネットでの評価を見る限り、Wi-Fi6に対応していて評判も良いルーターだと思いますが、実は15,000円出してWi-Fi6ルーターを買うよりも、メッシュWi-Fiに対応したWi-Fi5ルーターを複数台購入した方が改善が見込める場合が多いのです。

メッシュWi-Fiとは?

宅内にWi-Fiルーターを複数台設置して、電波を中継することでWi-Fiが使える範囲を広げることができる仕組みです。いわゆる「中継器」と呼ばれるものは昔からありましたが、中継器には「基本1台しか追加できない」「設置場所の検討が重要」「安定性が低下する」というデメリットがありました。メッシュWi-Fiは複数台設置しても安定性が低下しにくいよう設計されているので、初心者でも手を出しやすい中継モードと言えます。

メッシュ(Mesh)wifiとは? | メッシュ(Mesh)wifiシステム | TP-Link
メッシュ(Mesh)wifiはwifiの死角をなくし、家中どこでも途切れない接続を提供するために構築されたシステムです。

筆者がおすすめするWi-Fi5ルーター

筆者がおすすめするメッシュWi-Fiルーターはずばりこれ!tp-linkのDecoシリーズです。最安のM4シリーズなら2台で11,800円で購入できます。(セールの時は1万円を切る事も)Wi-Fi6ルーター1台よりもお安く買えてしまいます。

「Wi-Fi5って規格が古いから遅いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、そんな事は全くありません。

確かに理論値での最高速度差はありますが、おそらく普段の利用で、Wi-Fi5とWi-Fi6の体感の差を実感できる人はほぼいないと思います。少なくとも筆者には無理です(笑)

要するに、Wi-Fi6はほとんどの人にとってオーバースペックだということ。

そもそもWi-Fiの調子が悪い理由は、単純に機器の不調か、親機からの距離が遠いなどで電波が弱くなってしまっていることの方が多いと思います。Wi-Fi6は「Wi-Fi5より速い」規格ですが「Wi-Fi5よりも電波が飛ぶ」規格ではありませんので、Wi-Fiの使える範囲を広げたい場合は、複数台設置して電波を中継する方が絶対おすすめです

Wi-Fi6 1台よりもWi-Fi5 2台の方がおすすめな環境

2階建て以上の1戸建て

家全体でWi-Fiを使いたいなら1台よりも2台構成の方が確実に安定すると思います。特に3階建てで親機が1階の場合は必須です。箱の表記に「3階建対応」と書かれていても、あまり信用しないほうがいいと思います(汗

4LDK以上のマンション・広めの平屋

おそらく1台でも電波は届きますが、端っこの部屋は電波が弱めになりやすいので、2台構成で全部屋カバーした方が幸せになれます。

2世帯住宅(母屋・離れパターン)

都心部ではあまりないと思いますが、例えば母屋に固定回線があって、それを子供夫婦が住むすぐ隣の離れでも使いたいというニーズは多いと思います。昔だったらLAN配線をするパターンですが、今ならメッシュWi-Fiの3台構成ぐらいでカバーできるかもしれません。(母屋と離れの距離が遠すぎる場合はダメな場合もあります)

鉄筋コンクリート・土壁の家

「知り合いの家と大きさが変わらないのに、うちだけWi-Fiの飛びが悪いのはなぜ?」と思ったことはありませんか?もし自宅が鉄筋コンクリートか土壁だという方は、それが原因かもしれません。

逆にWi-Fi6がおすすめな人

10Gbpsのインターネットを使っている人

10GインターネットをWi-Fiで生かそうと思うとWi-Fi6が必須です。といっても、今のところ10Gインターネットが生きてくるのはダウンロードと速度測定ぐらいだと思いますが。。

eスポーツプレイヤー

eスポーツをWi-Fiでプレーするなら、理論上の最高速度がWi-Fi5より速く、複数台接続でも遅くなりにくいWi-Fi6の方が良いと思います。

まとめ

ほとんどの人はWi-Fi5で十分。低価格なメッシュWi-Fiで家全体をカバーしよう

だらだらと書いてしまいましたが、結論としては

  • Wi-Fi6は通常の利用ではオーバースペック
  • Wi-Fi5とメッシュWI-Fiの組み合わせれば、大抵の環境でWi-Fiの改善が見込める

というお話でした。

今回紹介した「Deco M4」はコスパ最強のメッシュWi-Fi対応無線ルーターで、筆者も狭い1戸建てにM4を3台置いて愛用しています。安定性も抜群で、我が家では動画が止まったり、リモートワークができなくなることは滅多にありません。

Decoシリーズの唯一の難点は「初期設定をしないと全く動かない」事なのですが、ネットを探せば解説記事も多数出ていますので、検索しながら作業すればなんとかなると思います。

Wi-Fiが不調でお悩みの方は、是非検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました