テレワーク・オンライン教育の通信環境を改善。TP-Link メッシュWi-Fi AC1200 Deco M4 の購入レビュー&セットアップ

Network

自宅全体を5GHz(11ac/n/a)帯で通信したい

仕事がテレワークになったり、学校がオンライン教育になったりと、家庭内のインターネット環境が急に重要になってきました。

TP-Link AC1200 Archer C50を買ったので開封レビュー
TP-Link の無線LANルーター「Archer C50」を購入したので紹介します。 まずは簡単にスペックの紹介。 インターフェイス 4 10/100Mbps LAN ポート 1 10/100M...

我が家ではTP-Linkの「Archer C50」という機種をメインにWi-Fiを利用していましたが、2.4GHz帯(11n/g/b)の通信は問題ないものの、5GHz帯(11ac/n/a)は電波の飛びが悪く、自宅内でも無線親機から遠い部屋では通信が不安定になってしまう事が時々ありました。

2.4GHzと5GHzの特徴をまとめると、以下のような感じです。

電波干渉速度電波の飛距離
2.4GHz帯多い遅い長い
5GHz帯少ない速い短い

表の通り、電波が届くなら5GHz帯で使用する方が通信が安定しますので、5GHz帯の弱点である「電波の飛距離」をカバーできれば、自宅内のWi-FI環境が改善できそうです。

手を出したのは中継機ではなくメッシュWi-Fi

そこで、こいつの登場です。

ついにメッシュWi-Fiに手を出しました(汗

Amazon | TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LAN AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド 中継器 Deco M4 2ユニット ホワイト | TP-LINK | 無線・有線LANルーター 通販
TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LAN AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド 中継器 Deco M4 2ユニット ホワイトが無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

ただ、電波の飛距離を延ばすだけなら、今の親機をそのまま使用して中継機を追加するという手もあります。

Amazon.co.jp: TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200: パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200: パソコン・周辺機器

これなら予算も3000円で済むのですが、中継機で延長する場合とメッシュWi-Fiで中継する場合は、同じ電波の強さでも速度に差が出る可能性があります。

■中継機での通信

親機–(A)–中継機–(B)–端末(PC・スマホ等)

中継機を使用した場合、上記(A)と(B)の電波は同じ電波を使用するため、(A)が通信している間は(B)は通信待ちになってしまうという特徴があります。

通信待ちが頻繁に発生するため、通信速度が低下します。

■メッシュWi-Fiでの通信

メッシュ親機–(A)–メッシュ子機–(B)–端末(PC・スマホ等)

対して、メッシュWi-Fiの場合は(A)の通信に(B)とは異なる電波(中継専用の電波)を使用するため、(A)が通信中でも(B)の電波が通信待ちになる事がなく通信速度が低下しません。

なので、テレワークやオンライン教育など、長時間通信をおこなう場合はより安定が見込めるメッシュWi-Fiの方がおすすめです。

箱の中身はこれだけです。

一応説明書はついていますが、内容はあってないようなレベルでしたので(^-^;、次からセットアップ方法について詳しく紹介したいと思います。

セットアップの準備

スマホかタブレットにアプリをインストールする。

‎TP-Link Deco
‎The Deco app allows you to quickly and easily install and manage your Deco Whole Home Mesh Wi-Fi System. Now, you can monitor your home Wi-Fi from anywhere, an...
TP-Link Deco - Google Play のアプリ
The Deco app allows you to quickly and easily install and manage your Deco Whole Home Mesh Wi-Fi System. Now, you can monitor your home Wi-Fi from anywhere, and...

Decoシリースはアプリからセットアップを行いますので、スマホ(orタブレット)が必須です。一度設定してしまえば不要なので、パソコンだけで使用したい方は、初回のセットアップだけ家族や友達にスマホを借りてもいいと思います。

既存のWi-FiのSSIDと暗号キー(パスワード)をメモしておく

今使っている(交換する)無線親機に書かれているSSIDと暗号キーをメモしておきます。上記のようにSSIDが複数ある場合は、今使っている端末(スマホ・パソコン等)が接続している方をメモしてください。

準備ができたら、今使っている無線親機は電源を切ってください。

Decoアプリでのセットアップ

先程インストールしたDecoアプリを起動します。

「登録」をタップします。

ID登録が必要になりますので、メールアドレス、パスワード(2回)を入力、プライバシーポリシーを確認してチェックを入れたら「登録」をタップします。

上記の画面が表示されたら、先程入力したメールを確認します。

上記のようなメールが届きますので、「クリックして登録を完了」をタップします。

”アクティベート完了”と表示されれば登録完了です。

Decoアプリに戻り、先程登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

「開始」をタップします。

「OK」をタップします。

該当の親機をタップします。

箱の中に同じものが2セット入っていると思いますが、その中からどちらかと1セット(本体・電源)を取り出します。LANケーブルは既存のものがあればそのまま使えばOKです。(もちろん付属品に交換してもOK)

準備できたら「次へ」をタップします。

この手順は必要ない方が多いと思います。管理人は無視して「次へ」をタップしました。(一部リセットが必要なモデムがあるため、簡単に切れるなら切った方が無難です)

電源を切る前にモデムのランプ状態を確認しておいてください。
その状態が正常なランプ状態です。

図の通りモデムとDecoとモデムの電源を入れてしばらく待ってから、DecoとモデムをLANケーブルで接続します。

接続できたら「次へ」をタップします。

モデムのランプ状態が、先程確認した電源を切る前と同じ状態に戻ったら起動完了です。

「インターネットLEDが安定している」をタップします。

本体上部のTP-LINKロゴが青く点滅したらDecoの起動は完了です。

「DECOのLEDが青く点滅している」

をタップします。

待ちます。

Decoが見つからない場合は、上記説明画面が表示されます。

本体底面に書いてあるSSID(Deco_xxxx)を確認して、スマホのWi-Fi設定画面を開きます。

同じ名前を見つけてタップします。そのままパスワードなしで繋がります。

接続できたら「はい、接続しています」をタップします。

接続できたみたいです。

ほとんどの方が「動的IP」をタップで問題ないと思います。10年以上前にADSLや光インターネットを契約したまま契約変更をしていない場合だと一部「PPPoE」の可能性があるかもしれません。

「次へ」をタップします。

「既存のMACアドレスを保持する」を選択して「次へ」をタップします。

先程事前準備でメモしておいたSSIDと暗号キー(パスワード)を入力します。交換前と同じSSID・パスワードを設定しておくと、端末(PC・スマホ等)側の再設定が不要なので便利です。

内容を確認して「次へ」をタップします。

設定されるまで待ちます。

設定中にWi-Fiが切れてしまっていたようです。先程と同様にWi-Fiの画面を開いてDecoと接続しなおしてください。接続できたら「はい、接続しています。」をタップします。

できました!

続いて、メッシュ子機のセットアップをおこないます。

「新たなDECOを追加する」をタップします。

該当のDecoをタップします。

メッシュ子機を置く場所を決めます。管理人は1階の天井の高い位置に設置したのですが、同じ選択肢がないため「2階」を選びました。選択できたら「次へ」をタップします。

Decoの電源を入れてTP-LINKロゴを青く点滅したら「DECOのLEDが青く点滅している」をタップします。

待ちます。

セットアップ中、無線接続が切れることが多いみたいです。上記画面が表示されたら、Wi-Fi設定画面を開いてDeco親機と再接続してください。

接続できたら「再試行」をタップします。

やっと接続できました!

もう追加するメッシュ子機がありませんので「今はここで終了する」で終了です。

お疲れさまでした。

ルーターモードからブリッジモードへの変更

とりあえずインターネットに繋ぐだけならこの工程は不要ですが、ルーター内蔵のモデムを使用している場合は、動作モードを「ブリッジモード」に変更した方がオンラインゲームやテレビ電話が安定する場合があるので変更しておきます。

ただしケーブルテレビの場合は、モデムにルーターが内蔵されていない事が多いので、特に問題なければこの工程はしない方が無難です。

「その他」をタップします。

「詳細設定」をタップします。

「動作モード」をタップします。

「ブリッジモード」をタップします。

「OK」をタップします。

再起動が終わるまで待ちます。

元の画面に戻ったら変更完了です。

で、自宅全体を5GHz帯で通信できるようになったのか?

バッチリです!

と言いたいところですが、残念ながら一応できるようにはなったものの、

「家の中の端から端まで5GHzで安定して使えているか?」

というと、少し物足りず一部2.4GHzも併用して接続しているようです。
メッシュ子機の設置位置をあまり検証していないので、色々場所を変えればいい塩梅の場所があるのかもしれません。

ただし、メッシュWi-Fiの場合は、5GHzが弱い場所では自動的に2.4GHzで接続してくれるので、宅内の死角は全くなくなり、「自宅内でWi-Fiが繋がらない」というトラブルは全くなくなりました。

かなり調子がいいので、もう1台増設して今度こそ全5GHz接続計画も検討中です(^-^)

Amazon | TP-Link WiFi 無線LAN サテライト デュアルバンド AC1200 3年保証 Deco M9 Plus, Deco M5, Deco M4 用 サテライト 3年保証 Deco M3W | TP-LINK | 無線・有線LANルーター 通販
TP-Link WiFi 無線LAN サテライト デュアルバンド AC1200 3年保証 Deco M9 Plus, Deco M5, Deco M4 用 サテライト 3年保証 Deco M3Wが無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無...

最後に

上記の通りセットアップの手順がかなり長いので、はじめて購入する無線LANとしてはあまりおすすめしませんが、今ある無線LANからの買い替えとか、Wi-Fi環境を改善したいという方には是非おすすめしたい製品です。

Amazon | TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LAN AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド 中継器 Deco M4 2ユニット ホワイト | TP-LINK | 無線・有線LANルーター 通販
TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LAN AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド 中継器 Deco M4 2ユニット ホワイトが無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ちなみに、もう少し安いセットもあります。

Amazon | TP-Link WiFi 無線LAN ルーター デュアルバンド AC1200 3年保証 2ユニットセット Deco M3 | TP-LINK | 無線・有線LANルーター 通販
TP-Link WiFi 無線LAN ルーター デュアルバンド AC1200 3年保証 2ユニットセット Deco M3が無線・有線LANルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

円筒形の親機をモデムと繋いで、子機はコンセントがある廊下や部屋の壁面に設置というパターンなら(というか、ほとんどの方がそのパターンだと思いますが)こちらの方が安上がりだし、子機もコンパクトで設置しやすいかもしれません。

 

ちゃすか

広島で暮らす田舎ITサムライです。ガジェットとキャンプとラジオを愛する2児の父。

ちゃすかをフォローする
Network Wi-Fi
スポンサーリンク
ちゃすかをフォローする
ONEVOICE.JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました