【ダイソー】【iPhone・iPad】MFI認証済lightning充電ケーブル購入レビュー

スマートフォン

iPhoneユーザーの悩みの一つ。

「充電ケーブルが高い」

Androidユーザーなら100均に行けば選び放題なのに、iPhoneユーザーの場合は、何も考えずに購入すると1本1000円~1500円ぐらい取られます。

原因はこいつです。

MFI認証

Apple公式認定品にはこのマークがついています。

正直充電さえできれば認定マークなんかついていなくても全然OKなんですが、MFI未認証の製品は、購入直後は使えても、後日iOSがバージョンアップしたタイミングで使えなくなったりしますので、実質このマークは必須です。

ダイソーがついにMFI認証の充電ケーブルを発売

そんなlightning充電ケーブル業界に、いつのまにかダイソーが参入してました。

価格はなんと500円

さすがに100円ではないですが(^-^;、それでも通常のMFI認証ケーブルの半値以下。おそらく業界最安値ではないでしょうか?

色はカープファンとマツダファン受けしそうなレッド。自分がマツダユーザーだったら、間違いなく車内用の充電ケーブルに使いますね(笑)

MFI認証マークあり

しっかりMFI認証マークが入っています。100cmなのでiPhoneに付属する純正ケーブルと同じ長さです。

ちなみに最初、このMFI認証マークを見た時

「あれ?なんかシンプルすぎて胡散臭いな?」

と思ったのですが、去年マークがリニューアルしたんですね

Apple、認定アクセサリであることを示す「MFi認証」ロゴを見やすくアップデート
さっぱりしました。iOSデバイス用アクセサリー製品の安全性を保証する、「MFi認証」のロゴ。こちらがアップデートされ、新しいロゴが各メーカーに通知...

2.4A充電対応

2.4A充電対応ということで、スペック的には純正と遜色ありません。

iPad用の充電器を使えば急速充電できそうです。

もちろんデータ転送にも対応しています。

ケーブルは純正よりも少し太めだが固くはない

純正と比べると少し太めのケーブルですが、硬さは純正に近いぐらい。巻グセも緩めで取り回しは良好。

下が純正ケーブルです。写真だとわかりにくいですが、ダイソーケーブルの方が少し太めです。

端子部分のサイズは純正よりも少し大きめ

iPhoneをケースに入れて使っている場合に問題になりやすいのが「充電端子のサイズ」ですが、径がわずかに純正よりも大きいぐらい。長さは少し長めです。

サードパーティで安め充電ケーブルだと、パッと見て「大きい」と感じるものが多いので、大きいと言ってもかなり小さく作ってある方だと思います。

とはいえ、このぐらいのサイズ差はありますので、純正用のアクセサリーは厳しいですね。

最後に

lightnigケーブルの500円は最安ですが、ダイソーの500円商品は高級品の部類に入るので、それなりにしっかり作ってあるなぁという印象です。

旅行先でうっかり充電ケーブルを忘れた時でも、ダイソーに行けばこれが買えると思えばちょっと安心です。

いざというときのためにカバンに入れておく「サブケーブル」として1本いかかでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました