UQモバイルからLINEモバイルにMNPしてみた。Softbank回線が速いというのは本当なの?

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合に特に問題になるのが以下の2点だと思います。

①キャリアメールが使えなくなる。

②通信速度が遅い

①のキャリアメールについては、SNSなどを使えば代替になりますが、②の通信速度については、誰もが直面する問題になっています。 特に平日12時台の「昼休み」の時間帯は速度の落ち込みが顕著で、楽天やOCNなどの大手格安SIMキャリアでも1Mbps以下が当たり前の状態です。 そんな格安SIM業界の中で、「平日の昼休みでも比較的速度が落ちない」のが以下の4社。

  • UQモバイル(au回線)
  • Y!モバイル(Softbank回線)
  • LinksMate(docomo回線)
  • LINEモバイル(Softbank回線)

大手キャリアが絡んでいないのはLinksMateだけで、残りの3社はいわゆる「サブキャリア」 と呼ばれている大手キャリアの子会社。Softbankのショップに行って「携帯料金が高いから解約したい」と言うと、Y!モバイルを薦めてくるとか? 今回は、SoftbankのサブキャリアのLINEモバイルにMNPしました!というお話です。

申し込みはAmazonのエントリーパッケージがお得

登録事務手数料3,000円(税抜)が不要になるクーポンコード|LINEモバイル エントリーパッケージ|格安SIMカード|ソフトバンク・ドコモ・au対応【iPhone / Android 対応】
■エントリーパッケージ/エントリーコードとは エントリーパッケージとは、通販サイトや家電量販店などで販売されている、16桁のコードが記載されたパッケージ(紙)/コードのことです。 エントリーパッケージ/エントリーコードの購入=登録事務手数料を支払ったということになり、16桁のコードを申込時に入力すると、初期費用の登録事...

格安SIM申し込みの鉄板となりつつありますが、申し込みはAmazonで購入できる「エントリーパッケージ」がおすすめです。 もちろん、LINEモバイルの公式ページからでも申し込みは可能ですが、その場合は事務登録手数料が3000円もかかります。

エントリーパックから申し込むと、この事務登録手数料が無料になるため、仮に エントリーパックが373円で買えたとすると

3000円 – 373円 = 2627円 もお得になります。

一つだけエントリーパックで申し込む場合の注意点ですが、エントリーパックはMNP番号を取得する前にあらかじめ購入しておいてください。 この後取得するMNP番号は、有効期間が15日間と決まっており、LINEモバイルでMNPをおこなう場合は10日間以上期限が残っている番号で申し込みをする必要があります。 MNP番号を取得してから注文してしまうと、なにかのトラブルで配送が遅延したりすると最悪申し込みができないかもしれません。 まあ実際のところ、Amazonからの発送が2週間もかかることはまずありませんが、いつ届くのか気にするぐらいなら、先に買っておいたほうが無難ですよね。

UQモバイルでMNP番号を取得

エントリーパックが無事届いたら、UQモバイルでMNP番号を取得します。 MNP元が格安SIMの場合は、オンラインで比較的簡単にMNP番号が取得できますが、UQモバイルの場合、MNP番号の取得は「電話」のみの受付になっています。   つまり   オペレーターのお姉さんを説得する必要があります!(苦手だ 会話の中でMNP(解約)理由を必ず聞かれますので、お姉さんが納得できる回答を準備しておきましょう。 また、UQモバイルでは「名前」「電話番号」「新規申込時に決めた暗証番号」で本人確認をおこないますので 、当時に決めた「暗証番号」もなんとかして思い出しておいてください(汗) ただ、暗証番号は電話機のプッシュボタンを押して認証するわけではなく、口頭で伝えるだけなので、どうしても思い出せない 場合は、お姉さんに相談すれば、別の個人情報で認証してもらえるかもしれません。 (管理人は暗証番号がたまたま当たってしまったため、暗証番号以外の方法で認証してもらえるかは未確認です)

LINEモバイル公式ページから申し込み

  • 本人確認書類
  • クレジットカードもしくはLINE Pay、LINE Payカード
  • メールアドレス(携帯アドレス不可)
  • MNP番号(有効期限が10日以上残っているもの)
  • エントリーコード(エントリーパックに記載されている番号)

  https://mobile.line.me/order/  

が準備できたら、公式ホームページから申し込みをおこなってください。 エントリーコードさえ入力してしまえば、後は通常の申し込みと全く同じです。 ちなみに管理人は、以下の内容で申し込みました。

  • コミュニケーションフリープラン(3GB) LINEフリープランだと1GBしか高速通信が使えないのでこちらにしておきました。LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信をパケット使用量としてカウントしない 「データフリー」サービスが付帯していますが、適用条件がかなり細かいので期待しない方が良さそうです。 Twitterは公式アプリ経由しか「データフリー」にならないとか使えないでしょ。
  • iPhone専用ナノSIM 管理人はiPhoneSE(SIMフリー)を使っているので「iPhone専用ナノSIM」を選択しました。
  • 通話サービスは「いつでも電話のみ利用する」 「いつでも電話」は、電話番号の先頭にプレフィックス番号をつけて電話すると通話料が通常の半額になるサービスです。 電話代については「いつでも電話」や「LINE Out」などを活用して節約しましょう。

  サービス内容を選択したら、個人情報、MNP番号、支払い方法の入力、ログインIDの設定、本人確認資料のアップロードを おこないます。特に難しい事はなかったので解説は省略します。

申し込みから3日でSIMが到着

配送は佐川急便でした。 土日を挟んで3日なので、かなり早い対応だと思います。

実は人生初のSoftbank SIMだったり・・・

利用開始手続き

MNPで申し込んだ場合は、SIMカードを差し替えただけでは開通しません。SIMカードを差し替える前に「利用開始手続き」が必要です。

封筒に同封されている手順書通りに手続きをおこなってください。   多少手順を間違っても融通が効くので、手続きは必ずWi-Fi環境のある場所でおこなってください。特にiPhoneの場合は、LINEモバイルのAPNプロファイルをダウンロードする前にMNP手続きを進めてしまうと、開通作業ができなくなってしまいます。 (Androidは手動でAPN設定ができるので大丈夫です)  

説明書のQRコードで開通ページにアクセスします。  

申し込み時に設定したログインIDとパスワードでログインすると「利用開始手続きページ」 が表示されますので「利用開始手続きを開始する」ボタンをタップします。 注意事項などを確認して進めていけば、あっという間に利用開始手続きは完了です。 正常に手続きが開始されていれば、登録したメールアドレスに「【LINEモバイル】利用開始手続き受付完了のご連絡」というタイトルでメールが届くはずなので、確認してください。

開始手続きが完了すると、先程と同じメールアドレス宛に「【LINEモバイル】サービス開始のお知らせ」というタイトルでメールが届くと思います。管理人の場合は25分ぐらいで完了メールが届きました。 このメールが確認できたらSIMカードを交換しても大丈夫です。 (旧SIMカードが無効になるので、スマホのアンテナ表示も「圏外」になっているはず)

SIMカードの交換とAPNの設定

オフィシャルページを参考に・・・(手抜き)

https://mobile.line.me/support/apn/ios/ https://mobile.line.me/support/apn/android/

一つ注意点として、iPhoneのAPNプロファイルを入れ替える場合は 古いAPNを事前に削除しておく必要があるので、上記作業の前に削除しておく事をおすすめします。 設定→一般→プロファイルで該当のAPNプロファイルをタップします。  「プロファイルの削除」をタップして、旧キャリアのプロファイルを削除してください。

 

アンテナ表示が圏外からキャリア名に変われば、無事乗り換え完了です。 しばらく待っても表示が「圏外」のまま変わらない場合は、SIMカードを抜き差しするか、本体を再起動すれば大体直ると思います。

さて、Softbank回線の実力は?

ちょっと時間が曖昧ですが、平日の朝、昼、晩で速度測定をおこないました。   昼休みの時間帯で28Mbpsも出ています。ここまで速度が出るのは正直驚きです。夜間だったら、我が家の固定回線(フレッツ光&OCN)より速いかも。

docomo回線でも他社格安SIMよりは速度が出ると評判のLINEモバイルですが、Softbank回線が加わって更に魅力的な格安SIMキャリアになったと思います。 回線速度以外でも、「iPhone専用ナノSIM」を使えば、SIMロック解除をしていないSoftbank iPhoneが使えるというのもポイント高いです。 (同じサブキャリアのY!モバイルですらSIMロック解除していないSoftbank iPhoneは使えません) SoftbankのiPhoneはdocomoのiPhoneよりも比較的安く販売されていますので 中古のSoftbank iPhone + LINEモバイル の組み合わせで最安iPhoneデビューとかもありだと思います(^^)

【追記】その後、劇的に遅くなったのでUQモバイルに戻しました。

キャンペーンで加入者が増えすぎたのか、1Mbps以下の日が連発しだしたので最低利用期間の終了を待って再度UQモバイルに戻しました。

残念。

ちゃすか

広島で暮らす田舎ITサムライです。ガジェットとキャンプとラジオを愛する2児の父。

ちゃすかをフォローする
スマートフォン
スポンサーリンク
ちゃすかをフォローする
ONEVOICE.JP

コメント

タイトルとURLをコピーしました