高度30000フィートでインターネットが楽しめる。JALの無料Wi-Fiを使ってみました。

高度30000フィートでインターネットが楽しめる。JALの無料Wi-Fiを使ってみました。

出張でJALに乗る機会があったので、話題の「JALのWi-Fi」を試してみました。
「空の上でインターネットができる」ただそれだけなんですが、実際やってみると

めちゃくちゃ楽しいです!

冬休みに飛行機で国内旅行を計画している人は、是非JALの翼で行って欲しい!
それぐらいお薦めです(^^)v

機内でも家族・友人と連絡が取り合える便利さ

出張で飛行機に乗る前にいつも思うのですが、

この飛行機が落ちたら、今送ったLINEが家族との最後の会話になるのね(;_;)

とても、昔航空関係の会社にいた人間の言う言葉には思えませんが(汗)
でもちょっとだけそう思ってしまいます(笑)

もし飛行中にWi-Fiが使えれば、乗った後も連絡が取り合えて、窓から見える
きれいな景色をLINEで送ったり、Twitterで呟いたりできるわけです。

しかも無料で!すげーよJAL

ただ、初回接続はちょっと面倒

それじゃ、誰でも簡単に繋げるのか?と言うとそうはいきませんでした。
接続にパスワードはいらないんですが、使用する前にいくつかの登録作業が
必要です。

座席のシートポケットに説明のパンフレットが置いてあるので、
それを見ながら進めていけばできるとは思いますが、参考までに
初回登録の手順を紹介したいと思います。

JAL Wi-Fi 初回利用登録の手順

まずはお手持ちのスマホ、パソコンを機内のWi-Fiに接続する必要があります。
JALのWi-FiのSSIDは「gogoinflight」なので、Wi-Fiの設定画面で
「gogoinflight」を探して接続して下さい。パスワードは不要なので選択すれば
そのまま繋がります。

無事Wi-Fiが繋がったら、ブラウザを開いて登録作業を行います。
ブラウザを開くと上のような画面が出ますので、画面が切り替わるまで
しばらく待って下さい。

「接続」をクリックします。

登録画面が表示されますので、名前、メールアドレス、パスワード、秘密の答えを
入力します。この手の登録に慣れている方は問題ないと思いますが、
慣れない方は結構面倒に感じると思います。1回だけなので頑張って下さい!

※この登録作業はGogo Air Japanのホームページから事前登録できるみたいです。
キー入力が苦手が方は、搭乗する前に自宅のパソコンで登録しておくと良いかもしれません。

■Gogo Air Japanホームページ
http://jp.gogoair.com/

ロボット登録対策画面が表示されます。
計算して答えを入力して下さい。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインできれば
無事接続完了です。

この画面が表示されれば、ブラウザを閉じてLINEや
Twitterなどの
アプリからでもインターネットが利用
できるようになります。

登録が終わると、自動的にJALのWi-Fiのポータルサイトが
表示されます。
ポータルサイトでは現在のフライト状況が地図で確認できたり

無料のビデオプログラム(主にテレビ番組の再放送)が
見れたりします。

ちなみにHulu、Netflixなどの動画サービスは利用できませんが、
Youtubeは例外なのか見れるみたいです。

とはいえ、機内の貴重な帯域を独り占めしないように
動画サイトの利用はなるべく控えましょう。

高度30000フィート上空でインターネットを楽しんで下さい。

初回登録がちょっと面倒ですが、登録さえ完了すれば、着陸の5分前ぐらいまで
Wi-Fiが自由に使えます(実際は3分前ぐらいまで使えました)。機内からこんな
写真を撮影して、その場でSNSに投稿したり、LINEで家族に送ることも可能です。

例えばこんな使い方

このブログでも何度か紹介している「FlightRadar24」を使えば、自分の飛行機が
飛んでいる位置がリアルタイムでわかります。羽田空港の混み具合も一目瞭然ですね(笑)

iOS版

Android版

 

飛行機カテゴリの最新記事