WordPress用のレンタルサーバーとして「エックスサーバー」と「mixhost」を比較

Network

※【改悪?】2017年12月5日 エコノミープランの新規受付が終了しました。一番安いスタンダードプランが880円/月とのこと。それでもエックスサーバーよりは20円安いですが、20円だと乗り換える気にはならないですよね(^_^;)

日本初!表示速度を高速化するQUIC対応&プランリニューアル&10%OFFキャンペーンのご案内 | mixhost ニュース

2002年に初めてonevoice.jpドメインを取得して、しばらくはWEBサーバーとメールサーバーを自宅サーバーで運営していましたが、その後バリュードメインのレンタルサーバー「コアサーバー」に移転、更にコアサーバーの下位サービスにあたる「バリューサーバー」に移転したのが今の状況です。

今あるWEBコンテンツは静的コンテンツのみだし、メールも基本転送なのでバリューサーバーで全く困る事なく暮らしておりましたが、この度WordPressでサイトを立ち上げようと決めて、いざバリュードメインのサーバーにWordPressをインストールしてみると

何から何まで重すぎで使えない!

バリューサーバーは格安を売りにするレンタルサーバーなので、バリューサーバーのスペックに非があるとは思いませんが、それにしてもWordPressの運用にバリューサーバーのスペックでは負荷が高すぎるようです。

そこで新サーバーへの移転を考えはじめて、色々と調べてみたところ、WordPress運用で評判の良いレンタルサーバーとして移転候補に上がったのが「エックスサーバー」「mixhost」の2つでした。

ミニマムスタートなら明らかにmixhostが有利

エックスサーバー
(x10)
mixhost
(エコノミー)
月額費用900円
(3年契約)
480円
(1年契約)
初期費用3,000円無料
無料お試し期間10日間30日間
ディスクスペース200GB(SSD)10GB(SSD)
独自SSL無料無料
データベース(MySQL)50個無制限
URLアドレス独自ドメイン独自ドメイン
ディスク冗長化RAID10RAID1 または10
WordPress自動インストール ○ ○
メールサポート
電話サポート×

まずは基本サービスを比較してみました。
今のところアクセスなんてほとんどないサイトなので、プランは一番安いので十分です。表を見る限り料金面はmixhostが優位で、特に初期費用無料と30日間のお試しは、導入を迷っている人の背中を押してくれそうです。唯一気になるところでは、ディスク容量が10GBしかないことですが、うちの場合は今使っているレンタルサーバー(バリューサーバー)が3GBぐらいしか使用していないので、まず問題ないでしょう。

スペック表だけで判断して良いのか?

mixhostはユーザーの評判も良いようなので、恐らく大丈夫だろうとは思いながらも、導入した後に障害連発で「安かろう」「悪かろう」な気持ちにはなりたくありませんので、mixhostのネットワーク環境について、エックスサーバーと合わせていくつか調べてみました。自分の仕事柄「障害」という言葉にすごく敏感なので、「どれだけ障害に強い設計なのか」というところに焦点を当てた、ちょっと神経質な記事です(汗)

自分でもそんなニッチな話、誰の気にするのか?と一瞬思いましたが、せっかく書いたので続けます(笑)

mixhost、エックスサーバーのバックボーンについて

mixhostのバックボーン(回線の太さ)については、現在のホームページには記載がないようですが、検索して調べた限りでは、2016年の開設当時「732Gbps」という公表値が出ていたようです。
mixhostのサーバーのIPアドレスから収容先を調べてみると、mixhostは「さくらインターネット」のデータセンターに設備を借りて運営していて、当時のさくらインターネットが「バックボーン722Gbps」と公表していたようなので、さくら722Gbps+他10Gbps=732Gbpsということころでしょうか?
更に言うと、mixhostはさくらインターネットの石狩データセンターが主なホスティング先です。

ちなみに、これが石狩データセンターです。

http://ishikari.sakura.ad.jp/

こんなところで仕事がしたいです(笑)

さくらインターネットのバックボーンはここに説明がありました。

快適なバックボーン | データセンター | さくらインターネット
さくらインターネットのデータセンター、快適なバックボーンについてご紹介します。さくらインターネットは、国内最大級のバックボーンを持つデータセンターから価値あるサービスを提供しております。

さくらインターネットはこの手の情報をしっかり公開してるので良いですね。

この資料から考えると、mixhostの実質のバックボーンは40Gbps(KDDI)+10Gbps(OCN)の合計50Gbpsということになると思います。接続先が2系統しかないのは対障害性で言うと少し弱いのかもしれません。

ちなみに、対抗馬のエックスサーバーについても調べてみました。
エックスサーバーも自前でデータセンターを持っている訳ではなく、mixhostと同じ「さくらインターネット」の設備を借りて運営しているようです(ホームページにもバックボーン722Gbpsの記載あり)、ただし、mixhostが石狩データセンターを主な収容先にしているのに対して、エックスサーバーは大阪データセンターが主な収容先のようです。
(単純に本社が大阪だからですかね?)
先程の図の通りであれば、大阪データセンターのバックボーンは40Gbps(IIJ)+20Gbps(KDDI)+20Gbps(NTTCom)の合計80Gbpsで、更に大阪データセンターにはIXとの接続点もありますので、同じさくらインターネット収容とは言え、バックボーンはエックスサーバーの方が上だと思います。

大規模な接続障害、Googleが謝罪 「ネットワークの誤設定」原因
8月25日に発生したネットの大規模障害について、米Googleが謝罪。同社がネットワークの設定を誤ったことが原因という。

先月発生した、このぐらいの大障害になると差が出そうです。

mixhost、エックスサーバーの無料SSL証明書について

mixhostは独自ドメインのSSL証明書が無料で発行できます。mixhost自身で独自ドメインの販売をしていないので、他社から購入する必要があるものの、逆に言えば設定途中で自社販売ドメインのページに誘導される事もなく、格安のレジストラから取得した独自ドメインを使って、簡単にHTTPSサイトが運用可能です。

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

GoogleがHTTPSサイトを優先してインデックスするというニュースもありますし、無料でできるなら是非しておきたいところ。

そこで、実際mixhostでHTTPSサイトを構築した場合、どのぐらいのセキュリティレベルなのか
Qualys SSL Labs」というテストサイトでテストしてみました。

mixhostのテスト結果です。

テスト結果からすると、mixhostのSSL証明書は、公式ホームページの記載どおり「Comodo社」のSSL証明書を採用していて、複数ユーザーで1つの証明書を共有する「SNI証明書」が使用されています。WEBサーバーのSSLセキュリティレベルは、ほぼ最高ランクの「A」です。
個人で自宅サーバーやVPSにWEBサーバーをインストールして、デフォルトのままSSLを有効にしたぐらいだと
「C」ランクぐらいしか取れないので、気軽に有効にできて、かつセキュリティレベルも高いというのはありがたいですね。
一つだけ問題点として、この「SNIサーバー証明書」が適用されたホームページは、SNI対応のブラウザで閲覧する必要
があるため、WindowsXPやAndroid2.x搭載のAndroid携帯、iPhone3Gなどではアクセスできないそうです。

WindowsXPやAndroid2.x搭載のAndroid携帯、iPhone3G・・・まあ問題ないですね(笑)

エックスサーバーのテスト結果。

エックスサーバーのSSL証明書は「ISRG」という非営利団体が運営する「Let’s Encrypt」というSSL証明書が利用されていました。mixhostと同じSNI仕様、SSLセキュリティレベルも同じく「A」と優秀ですね。
「Let’s Encrypt」は「Comodo」と違って無償で取得できるSSL証明書ですが、出資会社の中には、WordPress.comを運営するAutomattic社なども含まれていているれっきとした団体ですので、全く問題ないと思います。

というわけで、HTTPSサイトの安全性についてはmixhostもエックスサーバーもほぼ同レベルです。

DNSサーバーの冗長性

まず、DNSとはなんぞや?という方は、下記ページがわかりやすいです。

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
403エラーページです。用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。

要はWEBサーバーが生きていても、DNSサーバーが落ちるとWEBサーバーにアクセスできなくなるので、実はかなり重要なサーバーだということです。このDNSサーバーの設定を調べました。

mixhostで使用しているDNSサーバーは以下の5台です。

ネームサーバー1ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5ns5.mixhost.jp

昔は2台が普通でしたが、最近は5台ぐらい準備しているパターンが多いですよね。

そしてその5台のDNSサーバーが、どこにホスティングされているか調べた結果がこちら。

ネームサーバー1ns1.mixhost.jp→Google
ネームサーバー2ns2.mixhost.jp→Yahoo
ネームサーバー3ns3.mixhost.jp→さくらインターネット
ネームサーバー4ns4.mixhost.jp→Amazon
ネームサーバー5ns5.mixhost.jp→Google

上記の通り、mixhostのはGoogle、Yahoo、さくら、Amazonの計4箇所にDNSサーバーを分散させています。DNSサーバーの運用にはかなり力を入れている印象です。これだけ分散していれば、DNSのダウンはほぼないと思います。

対してエックスサーバーのDNS設定はこちら。

 

ネームサーバー1ns1.xserver.jp→さくらインターネット
ネームサーバー2ns2.xserver.jp→さくらインターネット
ネームサーバー3ns3.xserver.jp→さくらインターネット
ネームサーバー4ns4.xserver.jp→さくらインターネット
ネームサーバー5ns5.xserver.jp→さくらインターネット

5台すべてがさくらインターネットにホスティングしてあるので、万が一さくらインターネットが全断した場合はエックスサーバーのWEBサーバーは全断になります。

「WEBサーバーが全部さくらインターネットにあるんだから、さくらが全断した時にDNSだけ生きてても意味なくない?」

と思われるかもしれませんが、DNSサーバーさえ生きていれば、万が一さくらインターネットに長時間障害が発生した場合でも、DNSの設定を変更する事で、さくら以外に設置しているバックアップサーバーに切り替えたり、メンテナンスページに転送することが可能です。

まあ、こんな状況が起こるとは思えませんが、そこに拘るのがプロかなと(笑)

というわけで、DNSサーバーの信頼性はmixhostが上だと思います。

まとめ

  • ネットワークのバックボーンはエックスサーバー
  • 無料SSL証明書とWEBサーバーのセキュリティは同等
  • DNSサーバーの冗長性はmixhost

 

以上、WordPressの処理が速い!とかコアな情報は全くない記事で大変失礼いたしましたm(__)m

mixhost

コメント

タイトルとURLをコピーしました